ドキュメンタリー映像の秘密

『ドキュメンタリー映像』とは何でしょうか?

ドキュメンタリー『真実を、ありのままに表わす』を目的とした映像です。 その場で起こっている事変を、ありのまま撮影して、ありのまま描き出すのが、 ドキュメンタリー映像です。

では、『ドキュメンタリー映像』と『記録映像』とはどこが違うのでしょうか。二つの映像は、考え方や目的において大きく異なります。

『記録映像』は、なるべく多くの人に、そこで起きている状況を忠実に伝える事を目的にしており、その映像の裏側にある事柄や撮影者やディレクターなど、表現者の思いや考え方は、一切入り込んではいけません。

それに対して『ドキュメンタリー映像』は、単なる記録の為の映像ではありません。その場で起こっている現象の向こう側にある真実を、映し出す事を目的としています。

ドキュメンタリストとは、ドキュメンタリーのディレクターが、現場でやるべき重要な事は、被写体である人物の、心の奥にある気持ちをいかに汲み取り理解するか、そして、その思いをいかに表に出させるかと言う事です。

また、その事を確実にカメラマンに伝え、的確に指示するかと言う事も大切な事です。その為に必要な事が、父親に投げ掛けるインタビューであり、撮影の前に被写体との間に構築する信頼感の有る関係です。そして、ある意味ドキュメンタリストにとって一番大切な仕事が、編集作業です。

それぞれ被写体の思いを受け止め、そこにドキュメンタリストとしての考えを加味して、沢山の事実から、たった一つの真実を見い出す作業をしなくてはなりません。つまり、被写体の人生や、生き様、また作り手は背負わなくてはいけないのだ、と考えています。また、場合に寄っては、人間を撮る事ではなく、娘が父親に渡した花束であったり、父親が落ち着きなく吸っている煙草であったり、娘が父親に渡した手紙など、撮影するべきは、人ではなくて物かもしれません。どの映像を選択するか、その瞬間瞬間で何を撮影するかが、カメラマンまたは、ディレクターのセンスとなります。

ドキュメンタリストは、編集作業が命と前述しました。最近はドキュメンタリーだけでなく、パチンコの画像でさえHDが使用されて細かく編集されています。すごい進化ですね。オンラインカジノの画質でも同じようなことが見受けられます。オンラインカジノはインターネット環境があれば、本場のカジノと同じゲームをネット上で楽しめることを言います。HDなどのハイクオリティーな画像も楽しめます。またオンラインカジノでは、オンラインゲームをしていて、サクッと稼ぐこともできるので、オススメです。