ドキュメントの歴史

ドキュメントの歴史はノンフィクションの歴史です。20世紀初頭にはこれらのフィルムは「アクチュアリティー」と呼ばれ、まだドキュメンタリーという単語は出現していませんでした。アクチュアリティーは駅に入る列車や船が寄港する瞬間など一瞬を切り取るものでした。366854-a-photo-of-old-historical-documents

ドキュメンタリーという単語が現れたのは、1920年代後半になってからでした。技術的な制限から1分にも満たないものでしたが、多くの人々を驚かせました。大戦中は人々に戦争を肯定的に捉えさせる目的でプロパガンダの映画が撮られました。

戦後になると飛躍的に進歩した映像技術により、様々なドキュメンタリー映画が撮られることになりました。そして現代では低予算で社会的に大きなインパクトを与える映画の制作手法としてドキュメンタリー映画が作成されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *