ターゲットは主に映画好きであることを考える

評論の仕方

記事を書く際にはその記事が誰をターゲットにしているかを考える必要がある。映画などの趣味に関することを書くならば、より一層よく考えるべきことだろう。映画批評記事を読みに来るのは主に映画が好きな人であり、「その映画をまだ見たことがない人が、『どんな映画だろう?』と思って読む場合」「その映画をすでに観た人が、その映画についてより深く知りたいと思って読む場合」の2種類が考えられる。そうでなくとも、少なくとも映画に興味がある人であることは間違いない。映画批評記事を書く際には、映画好きの人々をいかに楽しませるかを考えて書く必要がある。映画もいいですが週末はオンラインカジノでもいかがですか?

 出演者情報を紹介して楽しませる方法
まずは、映画の注目点や小ネタを紹介しよう。これによって、まだその映画を観たことがない人には興味を抱かせることができ、すでにその映画を観た人は映画に関してより深く知ることが出来て楽しい。映画もいいですが週末はオンラインカジノでもいかがですか?
記載するものとしては、出演者情報や作中で利用された音楽の情報、そして裏話・小ネタなどがある。出演者情報は重要だ。まず、出演者のうち主要人物を演じる俳優にスポットを当ててみる。主演者がトム・クルーズやレオナルド・ディカプリオといった知らない人の方が少ない場合はそっと触れる程度でいい。
しかし、主演者の知名度がずば抜けて高くない場合には、その俳優がどのような人物であるかを書く。例えば『再開の街で』では、ドン・チードルとアダム・サンドラーが主演となっているが、ドン・チードルと言われてもピンとこない人もいるだろう。しかし、そこで『ホテル・ルワンダ』の主演の俳優だと書けば、「ああ、あの人か」と思う人も多い。知らない俳優が演じている映画よりも、知っている俳優が演じている映画のほうが興味は湧くものだから、このようにして主要人物を知ってもらうことは大切だ。
脇役にも目を光らせたい。少し古い映画を観てみると、今やスターとなった俳優が脇役を演じていることがあるからだ。映画の紹介の際に、そのような脇役がいれば是非触れてみると良い。興味を湧き立たせることが出来るだろう。例えば、『カラー・オブ・ハート』では、後に『ワイルド・スピード』シリーズでブレイクするポール・ウォーカーが脇役で出演している。しかも、ブレイク後からは考えられないような優等生役で出演している。脇役について書くことでも、より映画を引き立たせることができるのだ。

音楽情報を紹介して楽しませる方法
映画には色々な音楽が使われる。多くの人が知っている最近の流行曲が使われることもあるが、それ以上に最近の若い人ならばあまり知らないような古き良き名曲が使われることも多い。映画を観ていると途中で使われている音楽が気になり、観終ってからネットで検索をした経験がある人もいるだろう。そのような映画好きのために、作中で使われる音楽を解説してあげるのもいい。ただし、あくまでも映画批評であって音楽批評ではないので、深く突っ込みすぎないようにしたい。